お客さん目線から考える4つの視点!

マーケティングを学んでいくといろんな切り口を知ることができます。

いろんな視点からの分析ですが、フレームワークとも言われています。

その中の一つで顧客目線で考えた4つの視点(4C分析)をご紹介します。

お客さんがあなたの商品・サービスをどのように見ているかという4つの視点です。

マーケティングの4C分析とは・・・

・顧客価値【Customer Value】

・顧客コスト【Cost】

・利便性【Convenience】

・コミュニケーション【Communication】

この4つの頭文字をとって”4C”といいます。

顧客価値【Customer Value】

1つ目の”C”は、顧客価値(Customer Value)の”C”です。

お客様がその商品やサービスを購入することでどのような価値を得ることができるかという視点です。

ベネフィットやバリューとも言い換えられますね。

顧客コスト【Cost】

2つ目の”C”は、顧客コスト(Cost)の”C”です。

お客様にとってその商品やサービスの価格が妥当なのかを考えます。

また、コストには単に金銭面の負担だけではなく、その商品やサービスを購入するための手間や心理的負担も含まれます。

例えば、プリンター本体は安かったけどこ購入後のインク(ランニングコスト)が高い、買ったけれど、組立てたり設定するのに手間が掛かった 等々。

利便性【Convenience】

3つ目の”C”は、利便性(Convenience)の”C”です。

商品やサービスの入手のしやすさ・手軽さを表しています。

お客様がその商品やサービスをかんたんに購入できるかを考えます。

例えば、店舗であれば営業時間や立地・アクセス、ネットであればウェブサイトの使いやすさや決済手段が多ければ利便性は上がりますね。

コミュニケーション【Communication】

4つ目の”C”は、コミュニケーション(Communication)の”C”です。

企業とお客様の間でコミュニケーションが取れているかを考えます。

商品やサービスを買っただけで、お客さまの満足が得られるというわけではありません。

売りっ放しではなくアフターサービスやアフターフォローをどう考えるか次第でリピート率に大きな影響を与えます。

まとめ:お客様目線で自社の商品・サービスを考えよう!

いかがでしたでしょうか?

マーケティングの4C分析についてお話ししてきました。

①顧客価値【Customer Value】
②顧客コスト【Cost】
③利便性【Convenience】
④コミュニケーション【Communication】

どれもお客様目線で見たときに重要な視点です。

ぜひ自社の商品・サービスをこの4Cで分析して見て下さいね。

関連記事

  1. フロントエンドとバックエンドの違いを理解してる?

  2. そもそも「コンテンツマーケティング 」って何?

  3. 効果絶大なのにほとんどやらないMEO!!

  4. あなたの重要なビジネス基盤となる顧客リストとは?

  5. 「売上3要素」たったひとつの大きな勘違い!

  6. スモールビジネスのネット広告心得3か条

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。