スモールビジネスが知っておくべき3つのポジション分析

マーケティング戦略と聞くと、むずかしく聞こえてしまうかもしれませんが、どんなビジネスにおいても戦略なくして成功はありえません。

スモールビジネスであっても、大企業であっても、ビジネスを大きくするために必要なマーケティング戦略の原則は同じです。

ビジネスにおいてあなたのビジネスの立ち位置を知っておくことはとても重要です。

そんなこと当たり前だと言われるかもしれませんが、これから起業を考えている方や起業して間もない方には今一度確認しておきましょう。

マーケティングの環境分析 3C分析についてご紹介します。

あなたのビジネスを取り巻く環境がどうなっているかという3つの視点です。

マーケティングの環境分析 3C分析とは・・・

・市場・顧客【Customer】

・競合【Competitor】

・自社【Company】

この4つの頭文字をとって”3C”といいます。

市場・顧客【Customer】

1つ目の”C”は、市場・顧客(Customer)の”C”です。

・見込み客はどんな人か?(年齢・性別・住所・ライフスタイル)
・見込み客が求めている提供価値は?(商品性・価格帯・感情)
・現状の顧客数及び地域構成は?
・現状の市場規模と市場の将来性は?

対象によってアプローチは変わりますね。

例えば 若者向けの商品なのに新聞折込みチラシでは売れないです。

競合【Competitor】

2つ目の”C”は、競合(Competitor)の”C”です。

・競合はどんな会社か?何社あるのか?
・競合の業績は?(売上高・市場シェア・顧客数・販促ルート)
・競合の顧客属性は?(年齢層・地域)
・競合の商品・サービスの強みは?弱みは?

競合を調べることで自社がとるべきポジションを決めましょう。

大きな企業と真っ向から争っても勝ち目はありません。

自社【Company】

3つ目の”C”は、自社(Company)の”C”です。

・自社の業績は?(売上・収益性・市場シェア・顧客数・販促ルート)
・自社の経営資源は?(営業人員・生産能力)
・自社の商品・サービスの強みは?弱みは?
・自社の強い地域は?未進出の地域は?
・自社の今後の戦略は?

現状の自社の強み弱み、経営資源・業績を分析して自社の課題と解決案を考え、今後の戦略を立てていきます。

まとめ:自社の立ち位置・ポジションを再確認しよう!

3C分析では、「市場・顧客分析」から行いましょう。

なぜなら

元になるのは市場・顧客【Customer】の定義だから、「市場・顧客【Customer】の定義」ができなければ競合【Competitor】の定義ができないから

 

いかがでしたでしょうか?

マーケティングの環境分析 3C分析についてお話ししてきました。

・市場・顧客【Customer】

・競合【Competitor】

・自社【Company】

あなたを取り巻く環境を意識しながら次の打ち手につなげて下さいね。

関連記事

  1. あなたの重要なビジネス基盤となる顧客リストとは?

  2. 「売上3要素」たったひとつの大きな勘違い!

  3. なぜアイデアが出ないのか!正しいブレストのススメ

  4. 効率化、口伝えはNG!あなたがルール?

  5. 勝てるマーケットを選ぶことがビジネスの鉄則!

  6. 目からウロコの売上アップ!売上6つの分解要素

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。